2010年09月04日

精神を病む寸前までいきました

韓国人の彼氏から受けた仕打ちはここからもっとエグくなります。


読む人に多大な不快感を与えてしまって申し訳ないのですが、真実を書きます。


セックスの時にゴムをつけてもらおうとすると

彼はものすごく怒って、真っ赤になって怒鳴ってきました。


それはもう、私の全人格を否定するようなことを言ってくるのです。


殴られることもありました。


悲しいですが、私の前歯の2本は差し歯になっています。


私がそういう仕打ちに耐え切れず泣いたら、

それまで仁王さまのように歪ませていた表情を途端に情けなく曇らせて

「悪かった」「好き過ぎてつい愛しい君の事を怒鳴ってしまったんだ」

と、私のことを抱きしめてくるのです。



そして、結局コンドームをせずに何度も何度もセックスされていました。



エッチの最中は何だか彼と深く精神的につながっている感じだったのです。



私は、彼が、私のことを好きで好きで仕方ないから

怒鳴ったり殴ったりしてしまうだけで、最後にはやさしくしてくれるから、

そういう彼の態度に安心して付き合いを継続していました。





そして半年後。





忘れもしない2005年7月21日、妊娠が分かりました。





だから私は、彼に結婚して家庭を築いていきましょうと言いました。


でも、彼はまた例の仁王さまのような表情になって私を殴りました。


「子供ができたら結婚しよう」「子供はさずかりものだよ」


普段そういっていたのに、いざ私が妊娠すると全く逆の態度になったのです。


最後にまたいつもの「君が好き過ぎて殴ってしまった」と謝られてセックスをしました。


既に妊娠しているので、彼は何のためらいもなく中で出してきました。



「結婚しよう。とりあえず一旦韓国に帰るけど、また戻ってくるから」



そうして彼は韓国に帰って行きました。



私は彼の連絡先に電話やメールで連絡を取ろうとしました。


でも彼と連絡がつながることはありませんでした……。


目の前が真っ暗になったことを覚えています。



膝が笑って立てませんし、白髪が一気に増え、

体重が1ヶ月で15キロ落ち、38キロのガリガリの体になりました。



ほどなく私は、韓国人男性との幸せな結婚など無い。



私は韓国人男性にただ金を奪われ、体を弄ばれただけだったんだということを悟りました。



私は高い堕胎費用を自己負担して、

当時妊娠2ヶ月だった自分の体に傷をつけました。



今思えば本当に過去の自分にも何より韓国人の彼にも虫唾が走りますし、

その後出会った頼れる男友達(日本人)にこの話を打ち明けたときには


「それはね、ヤクザの手口。

 女の感情を大きく揺らして女を離れなくさせるヤクザのやり口だ。

 はっきり言って、君は被害者以外の何者でもないよ。

 ましてや彼氏彼女の関係ですらない。

 そもそも朝鮮人は男尊女卑思想がものすごく強いんだ。

 だから女は男の道具でしかない。

 これはもう韓国人の男の意識に強く強く刷り込まれているんだ。

 ましてや朝鮮人は、幼少の頃から特に日本人を強く憎み、恨むように教育される。

 だから日本人の、特に若い女性は韓国人による犯罪のターゲットにされる事が多い。

 君は朝鮮人の儒教思想と反日思想により

 歪んだ化物となった韓国人の毒牙にかかったんだよ」


というようなことをゆっくりと、分かりやすく客観的な説明をしてもらって、

ようやくただ韓国人という存在が危険なだけだったんだということに気付いたんです。


もちろん、彼の横暴を断固として拒否しなかった私の態度の曖昧さにも責任はあります。


でも、それを理由にお金を搾取したり、

無責任な妊娠をさせて良いということにはならないでしょう?


本当に悔しいです。


あの時、安易に韓流ブームなどに乗らなければこんなことにはならなかったのかな、と、

本当に後悔しましたし、暫くはメディア恐怖症でした。



当然、今の何かと韓国をゴリ押しする不自然なマスコミが大嫌いです。



もう別れた後だったのですが、その日本人の彼に出会うまではずっと

「私にも悪いところがあったのかな」

「日本が過去韓国にひどいことをしていたことを私にぶつけていたのかな」

と、普段から言われていた「お前が悪い」という彼の態度や言葉が

私の思考や心をガチガチに縛っていました。


彼の言う言葉の意味がわからなくて、でもなぜか理不尽な罪悪感を植えつけられて、

実際に堕胎して体にも心にも大きな被害を負ったのは私だったのに

悪いのは私なのかと、本当に理不尽で、苦しくて苦しくてしょうがなかったです。


何度も何度も韓国人の彼氏の怒りで歪んだ表情と怒号が私の夢に出てきて、

私は精神を病む一歩手前までいきました。


韓国人の彼氏と付き合った事は、客観的には私に何の利益もありませんでした。


私はこの世の中の出会い全てに意味があると思っているので

こう言いたくはありませんが、


ここは私のブログであり、私の本音を書きたいので書きます。


韓国人の彼氏を求める全ての女性に言います。


韓国人とかかわってはいけませんでした。一切かかわってはいけません……。


頼れる日本人の彼氏から教えてもらいましたが、彼ら韓国人男性はヤクザなのです。


皆が皆そうとはいいません。でもその傾向があります。


特に「憎き日本人」の女性に対してそれは顕著です……。


私の体験を読んでくださった人にとって何らかの参考になれば幸いです。


ちなみに、私は頼れる日本人の彼に出会って話を聞いてもらって、

その韓国人がおかしいということをビシッと自信をもって指摘してもらってから

私はどん底から立ち直ることができました。



私は韓国人と付き合いひどい目にあいました。



でに、私は韓国人と付き合うという選択肢を回避できた可能性があります。


「日本が悪い」と言われた時、それがどういう意味なのか、


本当に私や日本が悪いのか調べなかった事、

怒鳴られたり、殴られたりしたら即別れれば良かったということ……。


私がしっかりとした知識を持っておけば、

韓流ブームに乗って恋を探すなどという軽率なことはしませんでした。



人のせいにばかりにはできませんが、本当に悔しいのです。



このブログを読んでくれているあなたは、本当に良く考えてください。


この韓国人男性はまともかどうか。



もし怒鳴られたり殴られたりゴムをつけずにセックスしてきたり、

日本が悪いとか言われたら、私の体験を思い出してください。



すぐに別れてください。



いえ、そもそも韓国人と付き合わないでください。一切かかわらないでください。



私は大変な傷を負いましたが、良い事もありました。


薄々お気づきかと思いますが、

その頼れる彼は私の今の夫なんです。


彼との出会いには本当に感謝しています。
ラベル:韓国人 彼氏 強姦
【関連する記事】
posted by マミコ at 17:45| Comment(469) | TrackBack(0) | 韓国人 犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国人の彼氏から受けた被害

振り返りたくないのですが、当時の自分の心境を思うとあまりにも軽率でした。



私は変に行動的なところがあるので、

近場のハングル教室に通い、そこの韓国人教師と付き合うことができました。

はじめは有頂天でした。


情熱的に、甘い愛の言葉を囁いてくれたり、

逆に私の好きだという言葉を本当に喜んでくれていました。


本当に嬉しかったです。



でもほどなく、だんだん彼との関係に溝を感じるようになっていったんです……。



何か、彼と私の間に利害の対立が出てきたときに、

必ず「日本は過去僕らの先祖を搾取した」とか「奴隷支配していた最低民族の分際で」と

私に罪悪感を感じさせて私の譲歩を引き出そうとしてきました。


当時の私には何がなんだかわからないし、意味が分かりませんでした。


振り返りたくもないのですが、

過去の私と同じく韓国人に興味のある女の人が同じ目に合わないように告白しますと、

そうやって彼に怒鳴られて、とられてしまったお金は総額で130万くらいになりました。


彼はいつも「必ず返すから」と言うのに、全く返してくれませんでした。


あと、普段の生活で、何かと私に怒鳴ってくるのです。

「男を立てろ」「女はダメだ」「女のクセに」

彼はいつもこう言って私に圧力をかけてきました。


日本人の彼氏では有り得なかった会話を、私はよく覚えています。


あるレストランでのことなのですが、

彼より先に注文した料理が来たのですが、私は手をつけようとしませんでした。

料理を持ってきた店員さんがキッチンの方に戻ろうとした瞬間くらいに

「あなたのが来るまで待ってるからね。一緒に食べよう」と言おうとしたら


「お前! 俺より先に食うな!!!」と急に店の中で怒鳴ってきたのです。


彼は当時、ハングル語学校の仕事で悩んでいて、

精神的に参ってしまっていたから怒鳴ってしまった、すまなかったと後から私に言いました。


当時の私は全然周りが見えていませんでしたから、

彼の事が好きだった私はそれで納得しました。


「いいよ」って許したんです。


でも今思えば、あれって韓国人の性格だったのかなと思っています。


私は彼と付き合う前に5人の日本人男性と付き合っていますが、

その彼らのいずれも私に怒鳴るという事は一切しませんでした。


当然殴るなんてこともしません。


こういう判断をするのに5人だけだから不十分なのか、

それとも5人もいれば十分なのか、私には全く分かりません。



でも私が今までの人生で感じてきた実感として、やはり日本人は穏やかです。



韓国人の彼氏がとても怖かったからわかったことです。


そして、韓国人の彼氏の友達(韓国人)も、やはり彼と同じように

「きみら、過去の謝罪がまだだよね」と言って、

なぜか私がご飯を奢らされたこともあったりしました。


だから、韓国人とはそもそも普通の友人関係すら危うい、と、今なら冷静に思います。


今は日本人の彼と結婚し、穏やかな日々を送る事ができています。

韓国人の彼のような暴力的な仕打ちは一切してきませんから幸せです。
ラベル:被害 彼氏 韓国人
posted by マミコ at 16:53| Comment(117) | TrackBack(0) | 韓国人 性格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国人と付き合ったきっかけ

はじめまして。マミコと申します。


私は2005年に年下の韓国人の彼氏と付き合っていました。


もう別れて4年になるのですが、ようやく書く勇気が持てたので書いてみようと思います。


私と同じように韓国人の彼に憧れている女性に警鐘を鳴らさせていただくためにブログをつくりました。


少しはあなたの参考になると思います。



2004年のことでした。



当時、私は25才。

誰とも付き合っていなかったのですが、

これまで付き合ってきた日本人の彼氏が何だかしっくりこなかったというのもあって

当時の韓流ブームの流れに乗る形で、韓国人の彼氏を探していました。


今思えば愚かでしたね。

当時は「きっと韓国人の彼氏なら私を大事にしてくれて、私も全力で彼を愛せる」と思っていたのです。

テレビも雑誌も目に映るメディア何もかもが韓国を素晴らしい国だと言っていました。

私はそれに見事にハマってしまったのです。
ラベル:韓国人 彼氏
posted by マミコ at 16:49| Comment(11) | TrackBack(0) | 韓国人 彼氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。